CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

WELCOME

PROFILE

mimmi

Author:mimmi
ミラノに住むトイプードルのアポロ(ファントムカラー)とクロエ(ブルーマール)の毎日。日常のヒトコマを綴っています。
ほぼ毎日の記録簿。日記代わりなブログ。

Apollo&Chloé

apollo.jpg
Apollo ♂ 3.2kg(のはずが4kg)
2008年4月24日イタリア生まれ
名前はギリシャ神話の音楽、美の神から頂きました。
ドイツ生まれのパパ&ママから生まれたファントムカラーの男の子
甘えん坊でヘタレ、ママッ子
クロエちゃんが来てからは良い兄ちゃん。
いつか立派な伊達男になれることを夢見ています。

2010年に細菌による脳炎髄膜炎を発症し生死を彷徨う。
その後元気になってくれたものの、左目が殆ど見えず、 薬の副作用で円形ハゲが。
また高カロリーな食事の影響でオデブに。
病気による後遺症として時々癲癇があるけど、負けないぞ。

今年はダイエットと健康な体作りを頑張ります。

chloe.jpg
Chloé ♀ 2.5kg(のはずが3kg)
2011年1月28日。日本生まれ
ブルーマールの女の子
名前はギリシャ神話の緑の大地の神から頂きました。
食欲旺盛、天真爛漫、甘えん坊、兄ちゃん大好き

アメリカ生まれ、オーストラリア育ちのパパと日本のママとのハーフ?
食欲旺盛で鉄の胃を持つオンナノコ。
見た目とは裏腹に、あまりの爆発ぶりに怪獣クロエゴンの異名を持つ。
兄ちゃん大好き、ママ大好きの末っ子気質。
我が家のお笑い担当。
2016年に子宮蓄膿症で手術
今年はダイエットをして素敵なレディになるのよ~♪

APOLLO&CHLOÉ

MOVIE

アポロ&クロエの動画をUPしています。
images.jpg

SHOP BLOG

APOLLO&CHLOEが看板犬をしてるショップBLOGです♪ 少しづつ商品更新中。。

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

ARCHIVE

SEARCH

LINK

FAVORITE BLOG

Twiter from Apollo...

mimmi Reload

PV

3歳と6ヶ月11日のアポロくん。
9か月7日(生後280日)のクロエちゃん




以下の記事は自分が自分のために調べた内容です。

今後自分への記録のために記事にしています。
全てネット等で調べて自分で納得した内容ですが、
確かな情報とは言い切れない部分もあります。
そのため、記事や画像等の転載などお断りさせて頂きます。

気になる方は検索ワードなどを欠けて(特に英語の論文)を読まれることをお薦めいたします。





とあるサイトで犬の毛色遺伝子の説明があり、とっても興味を持ったワタシ。

ちょっと勉強してみようじゃないかと、昨日はほぼ1日ネットでお勉強していました。

(とはいえ以下は私が現時点で理解している情報です
間違いなどもあるかもしれないので、気になる方はご自分の責任の元お確かめください)



ファーストステップを分かりやすく説明してみると(できるかな?)


遺伝の法則はメンデル。(分かりやすい説明はこちらにあります)
メンデルの遺伝を理解して優性や劣勢遺伝の法則を理解しなければいけません。
(ここは省きます)


優性遺伝は、因子が一つだけで表現されるもの、
劣性遺伝は、因子が二つ揃わないと表現されないものを言います。

通常では優性遺伝は大文字、劣勢遺伝は小文字で表示されています。
*例外もあるようです。


通常は父親と母親の遺伝子情報を各1つずつ引き継いで子供が生まれて来ます。
その遺伝子情報を元に色や柄などが決定されていくようです。



犬(ほ乳類)の皮膚や毛色の色素はメラニン色素(色素細胞)がどのように配列されているかによって決められます。

メラニン色素には2種類あって、

ユウメラニン→黒色~茶色
フェオメラニン→黄色~赤茶色


このメラニン色素の沈着する部位などが遺伝子によって決められます。


犬の遺伝子を考える前に、
色を決めている基本色は、

レッド(ブラウン)系(クリーム~マガホニーレッド)
ブラック系(ブラック、ブルー、グレー)
ホワイト

この3色で成り立つそうです。

この3色が遺伝子情報により様々なカラーを生み出し、

そのカラーの上に、模様を作る遺伝子情報が乗ったりするとアポロやクロエのような模様が出て来るそうです。



このカラー(色素遺伝子)はBで表示され、

B ブラック
b ブラウン(レバー、チョコレート)



例えば、ブラックの因子しか持たないブラックの子犬はBB
見た目はブラックだけど、ブラウンの因子を持ってる子犬はBb
見た目はブラウンで鼻がレバー色の子はbb

となります。






柄を決める遺伝子はAで表示されます。

A ブラック
at ブラックタン、トライカラー(タンポイントを出す)
aw レバー、チョコレート
ay レッド



ただこのA(アグーチ)を表現させるためにはK遺伝子がkkであることが必要だそうです。


色を決める濃淡を決める遺伝子はCで表され、

C フル色素 (色の深みを最もよく出す色素。ブラウンでも濃いレッドタンや濃いチョコレートを持つ個体の遺伝子)
cch チンチラ (色素の数を減らし、粒子を小さくするので脱色する作用がる(色が消えて行く)クリームなど)
ce 希釈遺伝子 (ホワイトかホワイトに近いイエローまで脱色する)
ca アルビノ (色素異常の遺伝子。cacaによるアルビノの場合殆どが死産となる)



色素の強度を決定する遺伝子はDで表示されます。

D 色素強化遺伝子 (色素を強める)
dd 希釈遺伝子 (色素を弱める因子(ブルーになる。マールは対象外))




その他の柄を決める遺伝子Eは、


E 影響を与えない
e 制限遺伝子(ブラックをレッドにかえる)
Em ブラックマスク
Ebr ブリンドル



と一気に説明しちゃいましたが、


例えばアポちゃんは

atat BB CC DD kk(タン ブラック フル色素 色素強化遺伝子)を持っていると思われます。
* アポちゃんのタン部分のホワイトはC因子なのかスポット因子の作用なのかはちょっと不明。


クロエちゃんは

AA Bb CC DD (ブラック ブラック/ブラウン フル色素 色素強化遺伝子)を持っていると思われます。


この遺伝子を知るには代々の先祖のカラーや色素遺伝子から知ることになります。


例えば、

お父さんがブラックでブラック/ブラウン因子(Bb)、お母さんがブラウンでブラウン因子のみ(bb)の場合、

Bb - bb で掛け合わせると子犬は両親の情報を一つづつ遺伝するので、

Bb
Bb
bb
bb

で、色がブラックでブラウン因子を持った子が生まれる確率が50%
色がブラウンでブラウンの因子を持った子が生まれる確率が50% となります。


この方法を血統書を見ながら逆算していき、自分の犬が何因子を持っているのか知る手がかりになります。




次にマール遺伝子について。


マール遺伝子は世間では危険だとか奇形児が生まれやすいだとか、病気になりやすいとか言われています。

何故そのように言われているのか、理論的に説明できる人って少ないと思います。

ので、ちょっと詳しく調べてみました。



マール遺伝子というのは、メラニン産生のメカニズムに影響を及ぼして毛色を変化させる遺伝子です。
よって、体が作られる過程で不必要な影響を及ぼす遺伝子なので、
マールの遺伝子を持つ子は繁殖する時に最新の注意を払わなくてはいけないのです。

マール(表現型)の遺伝子が2つ重なったり、
もしくは代々の掛け合わせでマールの遺伝子が重なっていたりすると、
色素異常の子が生まれて来たり、体の一部に異常のある子が生まれたり、

またマールの遺伝子を持っていて、正常に繁殖されたとしても、
メラニンを薄める遺伝子の影響で日光に弱かったり、肌などに影響が出る事もあるそうです。
(ただしこれはマールだからではなく、色を薄める遺伝子を持った子全てに言えます。クリームやゴールド、グレー、ブルーなど)



有名なのは、ダブルマール、ダブルダップルだと思います。
マールのカラーを多く生み出すために、マール同士を掛け合わせ、
遺伝子に異常をきたしやすい繁殖をして来たブリーダーが居るということです。

ダブルマールは白がベースのマールに多く、
その多くはブルーアイを持っていたり、目に異常がある場合が多いです。


マール(ダップル)の犬を繁殖したい人、飼っている人(飼いたいと思う人)は
自分の犬がどのような繁殖計画の元作られたのか知ると良いと思います。



マールの遺伝子はMで表現され、

M はマール表現型(体にマールとして表れる)、
m はマール非表現型(体にマールとして表れない)

で表示されます。


クロエちゃんの例でいくと、
お父さん ブルーマール、 お母さん 単色(マール因子無し)から生まれたので、


merle.gif

クロエちゃんは両親からMmの遺伝子を引き継ぎ、マール柄として表現されています。
マールは一部(ほんの僅か)でもマールが出ている子は遺伝学上はマールとなります。


確率でいくと、

Mm (マール柄の子が生まれる) のは50%
mm (単色の子が生まれる)のは50%

になります。




最後にホワイトを左右する遺伝子、S遺伝子、


S  ホワイトは表現されない
si 足先、胸、マズル、腹、尾の先などにホワイトが表れる
sp 顔面、足、カラー、尾の先などsiより広い範囲にホワイトが表れる(コリーのパターンなど)
sp ホワイトが体の大部分を占め、暗色系色は頭か背中に限定される。




上記をまとめた結果、


アポロは、


atat BB SS DD E mm Si kk (タン ブラック フル色素 色素強化遺伝子 マール非表現型 ホワイト/スポット因子)を持っています。
* アポちゃんのタン部分のホワイトはC因子なのかスポット因子なのかはちょっと不明。


クロエちゃんは

AA Bb CC DD E Mm Si(ブラック ブラック/ブラウン フル色素 色素強化遺伝子 マール表現型 ホワイト/スポット因子)を持っています。






長くなりましたが、こうやって我が子の遺伝子を考えてみるのも結構楽しいです。
もう少し色々勉強してみようと思います。



* 上記の内容は私が自分で調べた内容です。
基本、全犬種統一らしいのですが、例外もあるそうです。

誤りなどがありましたら指摘していただけると嬉しく思います。





ブログランキングに参加しています♪ 
にほんブログ村(トイプードル)




↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
上の画像をぽちっとクリックしてもらえると
別ウインドウでトイプードルのランキングのページの画面が開きます。
そしてランキングの順位が上がる仕組みです。


いつも読んで頂いてありがとうございます♪
そして沢山のポチをありがとうございます。
ブログ更新の励みになってます。



こんなのにも参加してみました。
ブログを解析してくれるんだって。



別ウインドウで開きます。
ぜひチェックしてみて♪

<< アンチエイジング | ホーム | クロエちゃんはママ似? >>

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP