CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

WELCOME

PROFILE

mimmi

Author:mimmi
ミラノに住むトイプードルのアポロ(ファントムカラー)とクロエ(ブルーマール)の毎日。日常のヒトコマを綴っています。
ほぼ毎日の記録簿。日記代わりなブログ。

Apollo&Chloé

apollo.jpg
Apollo ♂ 3.2kg(のはずが4kg)
2008年4月24日イタリア生まれ
名前はギリシャ神話の音楽、美の神から頂きました。
ドイツ生まれのパパ&ママから生まれたファントムカラーの男の子
甘えん坊でヘタレ、ママッ子
クロエちゃんが来てからは良い兄ちゃん。
いつか立派な伊達男になれることを夢見ています。

2010年に細菌による脳炎髄膜炎を発症し生死を彷徨う。
その後元気になってくれたものの、左目が殆ど見えず、 薬の副作用で円形ハゲが。
また高カロリーな食事の影響でオデブに。
病気による後遺症として時々癲癇があるけど、負けないぞ。

今年はダイエットと健康な体作りを頑張ります。

chloe.jpg
Chloé ♀ 2.5kg(のはずが3kg)
2011年1月28日。日本生まれ
ブルーマールの女の子
名前はギリシャ神話の緑の大地の神から頂きました。
食欲旺盛、天真爛漫、甘えん坊、兄ちゃん大好き

アメリカ生まれ、オーストラリア育ちのパパと日本のママとのハーフ?
食欲旺盛で鉄の胃を持つオンナノコ。
見た目とは裏腹に、あまりの爆発ぶりに怪獣クロエゴンの異名を持つ。
兄ちゃん大好き、ママ大好きの末っ子気質。
我が家のお笑い担当。
2016年に子宮蓄膿症で手術
今年はダイエットをして素敵なレディになるのよ~♪

APOLLO&CHLOÉ

MOVIE

アポロ&クロエの動画をUPしています。
images.jpg

SHOP BLOG

APOLLO&CHLOEが看板犬をしてるショップBLOGです♪ 少しづつ商品更新中。。

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

ARCHIVE

SEARCH

LINK

FAVORITE BLOG

Twiter from Apollo...

mimmi Reload

PV


以下の記事は自分が自分のために調べた内容です。

今後自分への記録のために記事にしています。
全てネット等で調べて自分で納得した内容ですが、
確かな情報とは言い切れない部分もあります。
そのため、記事や画像等の転載などお断りさせて頂きます。

気になる方は検索ワードなどを欠けて(特に英語の論文)を読まれることをお薦めいたします。





先日から勉強を始めた毛色遺伝学。


プードルの毛色遺伝についてDNA検査をして調べたというHPを見つけたので
頑張って読んでみました。

オリジナルはこちら。
こちらの論文も参考にしました。


この論文の中では、プードルには、ブラック、ブラウンの色遺伝子の他に、
グレーにするG遺伝子、シルバーにするV遺伝子があり、
更に、色の色素の濃薄を決めるD遺伝子、E遺伝子、
ホワイトを出すP遺伝子が作用して様々なカラーを作り出していると書かれてありました。
(かなりざ~っと説明した感じです。)

またブラックにする遺伝子はB遺伝子の他にK遺伝子も作用しているとの見解も。。

idenshi.gif


更にパターンに至っては、ファントム、ブリンドル、パーティ、ブラックマスク、マール。
色々なパターンの遺伝子が存在します。


単色が良いとされて来たプードルですが、
頭数が増え、様々な遺伝子が交わって、単色以外のプードルも出て来ているんだと思います。


これが突然変異なのか、元々劣性遺伝として伝わって来たものなのか、
なにかの作用で作られた物なのかは分かりませんが、


柄を出したくないブリーダーは(難しいと思うけど)劣性遺伝を持つ子は交配に使うべきではないと思うし、


逆に柄を出したいと思うブリーダーは遺伝子の作用等を理解した上で繁殖をすべきなのでは。



と話がそれましたが。。。




色々サイトを見ていて、
個々の論文だから仕方ないんだろうけど、
色々リサーチする毎に違うことが書かれていたりして、
正直何を信じるのか迷うところです。




簡単に各色の持つであろう遺伝子を上記のサイトより引っ張り出して来ました。
(少し私の見解も入ってたりします。)



(以下英字の間の*は遺伝によって変化します)



ブラック

**-B*-C*-D*-E*-ggS-vv-K*.

* ブラックのプードルはK遺伝子(優性ブラック遺伝子)を少なくとも1つ持っている。
KK, Kkがブラックを出す遺伝子である。
kkは黒を出す事もあるが、ソリッドブラックになることは余り無い。
またkkはAを表現させる遺伝子である。

kkとatatが重なるとタンになる。
kkとawatが重なるとサーブルになる


A遺伝子のブラックは劣勢ブラックだそうです。




レッド

ayay ** ** ** EE gg vv kyky


*アグーチ遺伝子のayayを持つ。
*更にky/kyの遺伝子も持つ
*色素の薄いレッドは他の色素を薄める要因(dd遺伝子)が作用している。


アプリ
ayay ** ** dd EE gg vv kyky

*レッドの色に更にdd遺伝子の作用でアプリの色を出す。


クリーム
ayay ** ** dd ee gg vv kyky

アプリに更にee遺伝子の作用でクリームを出す。



ブラウン
A*-bb-C*-**-**-ggS-vv-KB*.

*bb遺伝子を持つ(鼻もパッドも全てブラウン)



ブルー
**-B*-**-DD-**-ggS-vv-KBKB.


ブルーはブラックを薄められた色として知られていますが「生まれながらのブルー」が本当のブルーだそうです。
遺伝子としてはKB/KB、D/Dを持つ犬が本当のブルーだそうです。

ddを持つブルーは成長と共に色が薄くなるブルーだそうです。


参照
ブルーのスタンダードプードル(上記のオリジナルHPより抜粋)
Zoe.jpg

こんな綺麗なブルーってなかなかいなそうだけど。。。



グレー

**-bb-**-dd-**-GG-**-**.

ブラウンのbb遺伝子を持ち、更にdd遺伝子、G遺伝子を持つ。
(上記のオリジナルHPより抜粋)
PoodleRemy.jpg



シルバー

**-bb-**-dd-**-GG-vv-**.


ブルーにV遺伝子の作用


ホワイト
ホワイトについてはまだ明確にされていないそうです。


ファントム
atat ** ** ** EE(EMEM) ** ** kyky

* ky/ky、 E or EM、at/atを持つとファントムになる。
(鼻の周りに黒が多ければEM、黒が無ければEとなる)


パーティ(白地に黒の模様)
spsp遺伝子の作用。



* 全てのカラーに於いて鼻やパッドの色がレバー色の場合はBb,bbである可能性が高い。





ということで、V遺伝子(シルバーにする遺伝子)が他の色と交わるとどのような変化になるかの表を作ってみました。


グレー



現時点で分かっているのは、


「希釈された」被毛を作る為に無理な掛け合わせをすると、カラーダイリューション脱毛症(CDA)、黒色毛胞形成異常症(BHFD)、アレルギー、アトピー等になる確率がぐんとあがる。

プードルにない色もありますが、イザベル(チョコブルー)やブルー、薄いベージュ等はどの犬種でも繁殖が難しいカラーです。


例え見た目の色が上記のカラーでなくても、
因子を持っていれば、そして両親共が劣勢因子を持っていると、
子供に受け継がれる可能性の高い疾患でもあります。




どうやら日本ではある機関でコートカラーの検査をしてもらえるそうです。

費用も1万円前後みたいで、以下の遺伝子座を調べられるみたいです。

E (エクステンション遺伝子):ベースの毛色をレッド/イエローまたはブラックにします。
EM(メラニンマスク遺伝子):フォーンとブリンドルの犬にブラックマスクを出現させます。(黒い犬の場合、この遺伝子は潜在していますが明らかには見えません。)
B (チョコレート遺伝子):通常ブラックをブラウン系の色に変えます。
D (希釈遺伝子):ブラックをブルー(グレー)に、ブラウンをイザベラ(ライトブラウン)に変えます。
A (アグーチ遺伝子):E遺伝子座が黒の色素を生成する働きを抑え、フォーン、タン、セーブルの色を優先させます。
K (優性ブラック遺伝子):Aの遺伝子と相互作用してアグーチによる変異に優先します。

ここでリンクなどは張りませんが、愛犬のDNA検査等で検索すると出て来ると思います。




我が子のカラー遺伝子、私も知りたい。。。

うちの子達、今度日本に帰国するときにお願いしてみようかな。。


(もちろんそれまでに色々推測してみるけれど。。)




奥が深い毛色遺伝子学。

ちょこっと時間が出来た時に色んな論文を読んで勉強してみたいと思います。




分かりやすいブログがありました。

Dog Actually
虐待繁殖について考える (1)
虐待繁殖について考える (2)
虐待繁殖について考える (3)



ブログランキングに参加しています♪ 
にほんブログ村(トイプードル)




↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
上の画像をぽちっとクリックしてもらえると
別ウインドウでトイプードルのランキングのページの画面が開きます。
そしてランキングの順位が上がる仕組みです。


いつも読んで頂いてありがとうございます♪
そして沢山のポチをありがとうございます。
ブログ更新の励みになってます。



こんなのにも参加してみました。
ブログを解析してくれるんだって。



別ウインドウで開きます。
ぜひチェックしてみて♪

<< 物産展に行って来たよ♪ | ホーム | ふわふわもこもこ。美人さん♪ >>

はじめまして、新年早々コメント失礼します。

毛色遺伝について調べていたら、偶然こちらのブログを見つけました。
よく調べられていて、大変勉強になりました。

プードルの場合カラーブリーディングが直接遺伝的疾患の原因にはならないと思っていたのですが、CとDが皮膚疾患の原因となる場合があると知って愕然としました。

うちの子セピア(アプリコット)と言いますが、実は以前GTGでコートカラー検査をしました。
参考までにお伝えすると、当時可能な検査(E B A D K)をすべて行いまして結果、
eeBBatatDDKkでした。
当時、レッドアプリコットならeeBBくらいしかわからず、A D Kについては詳しいことはわからないままだったのですが、少しわかったような気がします。

ありがとうございました。

毛色遺伝は解明されていないことも多く、奥が本当に深いですね。

また、お邪魔させていただきます。

Re: タイトルなし

オータム さま
初めまして!コメントありがとうございます。

私はまだ遺伝子学を勉強して浅いので、未知な事の方が多いです。

> プードルの場合カラーブリーディングが直接遺伝的疾患の原因にはならないと思っていたのですが、

ベースの黒と白と茶のみのブリーディングであれば問題が無かったんだろうと予測しますが、
無知なブリーダーなどがタブーな組み合わせで掛け合わせたりして、
おそらくカラー遺伝子からも遺伝疾患が出て来てしまうようになったのかな。と思います。

CとDがどのような組み合わせでどのように皮膚疾患が出るかまで分かっていないのですが、
CとDが原因で皮膚疾患がでるという事までは証明されているようです。

セピアちゃんのコートカラー検査、されたんですね!
うちも日本に帰国したらしたいなぁと思っています。
結果を拝見させて頂き、参考になります!

引き続き勉強は続けて行くつもりですので、
お互い情報交換などできれば嬉しいです。

宜しくお願いします。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP