CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

WELCOME

PROFILE

mimmi

Author:mimmi
ミラノに住むトイプードルのアポロ(ファントムカラー)とクロエ(ブルーマール)の毎日。日常のヒトコマを綴っています。
ほぼ毎日の記録簿。日記代わりなブログ。

Apollo&Chloé

apollo.jpg
Apollo ♂ 3.2kg(のはずが4kg)
2008年4月24日イタリア生まれ
名前はギリシャ神話の音楽、美の神から頂きました。
ドイツ生まれのパパ&ママから生まれたファントムカラーの男の子
甘えん坊でヘタレ、ママッ子
クロエちゃんが来てからは良い兄ちゃん。
いつか立派な伊達男になれることを夢見ています。

2010年に細菌による脳炎髄膜炎を発症し生死を彷徨う。
その後元気になってくれたものの、左目が殆ど見えず、 薬の副作用で円形ハゲが。
また高カロリーな食事の影響でオデブに。
病気による後遺症として時々癲癇があるけど、負けないぞ。

今年はダイエットと健康な体作りを頑張ります。

chloe.jpg
Chloé ♀ 2.5kg(のはずが3kg)
2011年1月28日。日本生まれ
ブルーマールの女の子
名前はギリシャ神話の緑の大地の神から頂きました。
食欲旺盛、天真爛漫、甘えん坊、兄ちゃん大好き

アメリカ生まれ、オーストラリア育ちのパパと日本のママとのハーフ?
食欲旺盛で鉄の胃を持つオンナノコ。
見た目とは裏腹に、あまりの爆発ぶりに怪獣クロエゴンの異名を持つ。
兄ちゃん大好き、ママ大好きの末っ子気質。
我が家のお笑い担当。
2016年に子宮蓄膿症で手術
今年はダイエットをして素敵なレディになるのよ~♪

APOLLO&CHLOÉ

MOVIE

アポロ&クロエの動画をUPしています。
images.jpg

SHOP BLOG

APOLLO&CHLOEが看板犬をしてるショップBLOGです♪ 少しづつ商品更新中。。

CATEGORY

ARTICLE

COMMENT

ARCHIVE

SEARCH

LINK

FAVORITE BLOG

Twiter from Apollo...

mimmi Reload

PV

APOLLOは 5歳8ヶ月11日♪
CHLOEは2歳11ヶ月7日♪




我が家には、以前友達から譲ってもらったマザーカートのわんこ用カートがあります。

譲ってもらったときは、日本でカートあった時便利だったし、
旅行に行くのにあれば便利かな〜という感じで安易に考えていたのですが、

ヨーロッパを女性一人がカートを持って旅をするという前提で
色々思った事を忘れないうちに書いておこうと思います。



我が家にあるのはアジリティという計量タイプのカートらしいです。

確かにシンプルで軽い。

写真 1


もじゃっこさんが2匹入って、ちょっと寝るには窮屈だけど、
でも全然大丈夫な大きさです。

写真 2

あとカバー(っていうのかな?)がドーム型で高さがあるので、
窮屈感が無くて、座った状態でも背筋を伸ばせるみたいです。


一人旅だと、荷物をカートにぶら下げたりできるのも便利。

今回重いものは下のメッシュの中に入れて、
なおかつハンドルのところにバックをひっかけてゴロゴロしてたので、かなり楽でした。


IMG_0023_2014010421010074d.jpg

2匹でも狭すぎず広すぎず、大きさは丁度いいかな。


IMG_0024_201401042100594e3.jpg


ここからはマイナス点。

ヨーロッパは階段や段差の移動が半端なく多いです。
地下鉄の駅はエスカレーターの無いところ多いし、トラムに乗るにも段差。


今回も階段をカート+もじゃっこ+荷物 の入った状態でえっこら上り下りすると、
このカートってちょうど良い場所にしっかり掴める感が少なくて、落ちそうになって困りました。
カートのカバーのついてるフレーム部分とハンドル部分を持ってたんだけど、
女性一人には結構持ち難い構造だなぁと。。

特に電車に乗る時、カートを横に持てない幅での上り下りはかなりしんどかったです。

バック部分の前後に何かしっかりした持ち上げバーのようなものがあれば良いのになぁ。。
もしくはフレーム部分がもう少し持ち易い構造だと良いのになぁ。


写真 3


ハンドル部分も158センチの私だと少し前のめりの体勢で、
一日押してると腰が痛くなる。
あと10センチ高いと良いなぁ。。


石畳の多いイタリアの道では、車輪の安定が悪くて、
まっすぐ進むのに必ず両手で押さなくてはいけないのはしんどかった。。
(前輪がやたらくるくる回りすぎる。そのうち回らなくなって擦ってるような状態で進むことも。)


日本では平な道が多いから小回りがきいていいのかなと思うのですが、
イタリアではもっと安定性のあるタイヤだと良いなぁと。
(片手で押してまっすぐ進む感じが良い)



あと石畳が多いので、ガタガタの振動が半端ない。
一日歩いてたらもじゃっこさんが酔うんじゃないかと不安になりました。
押してる間もシャーシャー、カタカタ結構音がするのよね。車輪から。。

(石畳用の付け替えタイヤとかあれば良いのかな。
今はアジリティに付けられるタイヤは無いみたいです。)


IMG_0029_20140104211008381.jpg


あと、ヨーロッパでは雨が多いです。

雨の時カートって便利なんだけど(犬が濡れない&寒くならない)
雨用のカバーって結構大きくて、いつも持って出かけるのは面倒。
そして大抵大雨というより、しとしと降ったり止んだりを繰り返すタイプなので、
傘が無くても大丈夫な感じなんですよね。
でもカートに乗ってる犬は動かないし、雨の湿気で寒さが倍増になる。

上部のメッシュカバーのところに、ちょこっと雨を凌げるナイロンカバーみたいなのが、
薄手の生地で付いていたらいいなぁ。
もしくはオプションでドーム部分だけをカバーできるカバーとか。


IMG_0030_20140104211007490.jpg


あとはやっぱりバックが取り外せるタイプの方が良いなぁ。


IMG_0031_201401042110061a0.jpg
(帰りの電車にて)

というのも、電車に乗る時、今回は空いてたのでカートのままボンと乗せたけど、
混んでるとたたまなくちゃいけない場合もあるんですよね。

(ベネツィアのバポレット(船)でも混んでたので畳まなくちゃ行けない事がありました)

その時にバックのまま持てるのはやっぱり便利。




と色々書いてみましたが、

実は今回、別のカート(ヨーロッパで売っているカート)も使わせてもらいました。


IMG_0026_201401042100584f9.jpg

造りがしっかりしていて、子供用のカートのよう。


このカートは重さもあるし、畳んでもそんなに小さくならないし、
デザイン性も日本に比べると劣ってるんだろうけど、

IMG_0025_201401042100592e4.jpg


タイヤがかなりしっかりしていて、片手でもスイスイ持ち運べるし、
階段もゴンゴン押して登れる(笑)


あともじゃっこさんへの振動もかなり少なくて、

途中雨が降って来たんだけど、上部がナイロン製で前部がメッシュなので、
濡れる範囲が狭くて、

IMG_0026_201401042100584f9.jpg


確かにヨーロッパで使うという事を研究されているカートだなぁと使って実感しました。

しかも安い!というかお手頃価格。


IMG_0027_20140104210058463.jpg




なかなか自分の要求を100%満たすものに出会えるのは難しいけれど、

IMG_0028_201401042100578b0.jpg


カートがあるとやっぱり体が楽なので、

色々工夫していっぱい旅行に出られるようになると良いな〜♫




今回の旅行で犬用カートで出かけると、

笑われる。
二度見される。
わんちゃん、お年寄りなの?って聞かれる


色々な反応でした。

イタリアで犬用カートでうろうろすると、やっぱりみんなビックリするみたいです。





ブログランキングに参加しています♪ 
にほんブログ村(トイプードル)





↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
上の画像をぽちっとクリックしてもらえると
別ウインドウでトイプードルのランキングのページの画面が開きます。
そしてランキングの順位が上がる仕組みです。
ランキングの順位があがると更新も頑張れちゃいます。

<< 年末年始食い倒れ日記。 | ホーム | バカンス終了〜。 >>

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP